たけもん備忘録

自身の成長につなげるための行動のあれこれ

瞑想がうまくいかないときの簡単な対処法

なぜかうまくいかないな・・・。

瞑想を実践し続けていると、そういう時期が必ず訪れると思います。

瞑想を2カ月以上続けている僕も、イマイチうまくいかない時期がありました。

そういう時期を経て、自分の中で”うまくいかない理由”を見つけることも1つの成長なので、簡単に答えを出してしまうよりも、試行錯誤することが大切やとは思うんです。

たどり着く答えも人それぞれなんじゃないかな・・・ってのも思います。

ある人は瞑想がうまくいかない時にはこうした。
違う人はこうした。

色々なやり方があると思うので、その中からしっくりくる打開策を見つけて試していくというのが良いと思いますし、その打開策の1つとなればいいなと思い、僕が瞑想がうまくいかへんなって思った時にやってみて効果があったことを紹介させていただきます。

瞑想がうまくいかないときの打開策

f:id:takeshi1127:20200915150837j:plain



僕の経験上、瞑想に入る前にうまくいくのかうまくいかないのかが決まっているんじゃないかな?と感じています。

瞑想を開始してからあれこれ対応しようとしても、あまりうまくいきません。
その対応しようとする行為そのものが瞑想を邪魔していることになってるしね。

瞑想をスタートさせる前にその瞑想がうまくいくのかどうかは決まっているので、瞑想を始める前に次のようなことを意識してみてほしいなって思います。

瞑想に入る前に終わりをイメージする

瞑想をスタートさせるまえに、終わりをある程度イメージしておくと、その瞑想から得られる満足感は高まるというのが僕が経験から得たことです。

例えば、心地よい瞑想ができた時の感覚を思い出そうとしてみるんです。
設定した時間が過ぎた時に、心地よさを味わえている。

そんな自分をイメージします。

そして、そのイメージを持ったままで瞑想をスタートすると、深い部分にまで比較的スムーズに到達できます。

逆に言えば、瞑想に入る時にあれこれ雑念だからけで、雑な入り方をすると、その瞑想は雑念まみれで、満足感が低くなります。

音楽を用意する

瞑想の際に無音でやる人もいれば、瞑想用音楽をかける人もいると思います。

この辺りは決まったルールがあるわけではありませんから、各々が好きなようにすれば良い部分なのですが、瞑想がいまいち上手くいかないなら、音楽を用意することをオススメします。

瞑想用の音楽は非常によくできていて、耳を澄ませて聞いているだけで集中力が引き出されるような感覚をする周波数が巧みに使われています。

youtubeをちょちょっと調べればいい音源が見つかるので、まだ試したことないでって人は一度試してみることをオススメしますし、いつも同じ音源をかけてるってことなら、ちゃう音源を試してみることをオススメします。

瞑想がうまくいかへんって人に覚えておいてほしい事

これば僕自身への戒めでもあるんやけども、瞑想がうまくいかへん日があってもええんやで。

うまくいく日もあるし、うまくいかへん日もある。
そんなもん。

それぐらいの軽い割きりで向き合うほうが良い。
あんま肩ひじ張って、うまくやらな!なんでうまくいかへんねや!!みたいに考えれば考えるほど、瞑想に力が入ってしまい、集中もできなくなるという悪循環に陥るで。

うまくいかへん時があるのは当然。

そういう時は今日の自分はメンタルの調子がよくないのかもな~って感じで自分を客観的に捉えておけばいいし、そうやって自分を客観的に感じられているだけでも、十分意味はあるんやで。

まとめ

今日現在の僕の経験から来ている知見ではありますが、瞑想がうまくいかないときは大きく分けて2つだけ。

  • 瞑想前を丁寧にする
  • 割り切ってしまう

このどちらかです。

瞑想用の音楽を用意して、瞑想の入り口をいつもより少しだけ丁寧にやってみる。
それでもイマイチうまくいかへんなって感じるときは、そういう日もあるもんな!って割り切ってしまう。

とにかく淡々と毎日少しでもいいので瞑想をやりつづけることに意味と価値があるんやし、山も谷もあって当然やで。

そういう感じでゆるーくやっていこ。

それが瞑想歴2か月ちょいの僕からのアドバイスです。
お役に立てたとしたら、嬉しい限り!