たけもん備忘録

自身の成長につなげるための行動のあれこれ

【書籍】すごい瞑想の感想

わかりやすい。

それがこの「すごい瞑想」を読み終わった僕が感じている感想です。
とにかく、わかりやすい。

難しい言葉が出るわけではない。
でも、瞑想とは何かの知識が漏れなくダブりなく詰め込まれていて、一冊読めばなんとなく瞑想を親しみやすくなっている不思議な本です。

そんな「すごい瞑想」についての感想です。

すごい瞑想の感想の概要

「美肌」「魅力倍増」「健康」「ストレス解消」「快眠」「体の不調解消」など1日10分の魔法の習慣で思わぬ効果が!!沖縄のカリスマ瞑想家のメソッド初書籍化。

この方法で毎日、リラックスを貯金する。不安やストレスも消えて、健康になって、楽になる!

すごい瞑想

作者「惣領 智子」について

東京都出身。瞑想指導家。歌手、作詞家。1971年コーラスグループブラウン・ライスを結成し、翌年国立音楽大学在学中に渡米、アメリカで活動する。1975年解散。ソロ活動を始める。

『終わりのない歌』がヒット。

1979年2月、高橋真理子と女性デュオTinnaを結成。数曲スマッシュヒットとなる。1981年、ソロ活動を再開、1991年にミュージシャンの阿部敏郎と結婚。2001年に沖縄に移り住み、2002年に瞑想指導をはじめる。

体の不調を取り除き、心と身体をラクするこのリラックス瞑想は、これまで一万人以上が、その効果を体感している。本書が初の著作になる。

すごい瞑想の主な内容

瞑想の始め方とやり方

瞑想を始めるにあたっての、その始め方がわかりやすく書かれています。

専門書のような難しい用語が出てくることもなく、まずは10分から始めてみてくださいというやさしく導いてくれるような書き方が説明をしてくださっています。

瞑想で得られる心理的な効果

瞑想を重ねることによって心に浄化作用が起きます。
その効果を自身の経験や体験を踏まえて説明してくださっています。

心にどのような変化が訪れるのか。
例えば、瞑想がトラウマに与える影響とその効果などを教えてくださっています。

すごい瞑想を読んだ感想

瞑想を習慣として取り入れて2カ月ほど経過している中で読んだ本ですので、どうしても瞑想を実践している人の立ち位置での感想になりますが、この本のいいところを一言で言うと”わかりやすい”です。

親しみやすい言葉で瞑想全体を説明してくれていますので、初心者の方やこれから始めようかなと思っている方には非常に参考になる内容となっています。

そのあたりのことをもう少し詳しく説明をさせていただきます。

専門用語がほとんどなく、わかりやすい

瞑想という作法が仏教などと非常に近い距離にありますので、瞑想を説明しようとすると、どうしても宗教的な説明に終始しているような本というものがあります。

そういった本がダメということではなく、理解する上でやや専門的な知識を求められたり、信仰心を問われたりしますので、初心者の方にはとっつきにくかったりします。

この本はそういったことがありません。
瞑想をわかりやすく説明してくださっています。

全体をつかみやすい

瞑想について語っている本ですが、瞑想の作法にだけフォーカスを当てるのではなく、瞑想をする前、やり方、そのあとの変化などの全体をシッカリと理解できる内容になっています。

瞑想については知りたいけど、宗教的な用語を知りたいわけじゃないんだけどな・・・みたいな事を感じることなく、でも、知っておいたほうがいいことはちゃんと説明してくれています。

心の変化に焦点を当てている

瞑想を心理的メソッドとして捉えている流れが今あります。

僕自身もそちらの観点で瞑想を知り、瞑想を実践するに至っているのですが、瞑想と心の関係を捉えている本というものがまだそれほど多くないのかな・・・というのが現状です。

(ちなみに実践!マインドフルネス: 今この瞬間に気づき青空を感じるレッスンは、心と瞑想について触れている本の一冊で、こちらもオススメです)

しかし、この本ではトラウマなどに対しての効果など心に起きる浄化作用についての説明も為されています。

まとめ

瞑想について語られている本の中で、全体を捉えて、なおかつ心の関係をわかりやすく書かれている本として、この「すごい瞑想」はとても良い本です。

これから瞑想を始めてみようかな・・・と思っている方
心を強くしたい、自己肯定感を高めたいと思っている方
宗教的な匂いがする本が苦手な方

そのような方にはぜひ手に取ってみてほしい一冊です。

すごい瞑想

すごい瞑想